2005年10月31日

■高山・リスの森

コメントは後ほど。
ま、突然行くことになっちゃった高山・リスの森ですが気温も高く日差しも差し込む陽気で堪能してきました。

高山には「リスの森」と「リスと遊べる森」があるので注意。リスを触り倒したいのであれば、「リスの森」へ行くように。
P2090440a.jpg
放し飼いなのはシマリスとエゾリスとモモンガだそうです。
オイラ、ココを訪れるの3回目なんだけどモモンガって一度も見たことナイっすよ。もしかしてレアキャラ?ま、そんなことはおいておいて。

P2090121a.jpg
シマリスがチョコチョコと動き回ってます。
P2090160a.jpg
やっぱりシマリスを撮影できるタイミングはメシ食ってるときが一番簡単ですね~。
P2090172a.jpg
リスに近づく時は騒がずゆっくり近寄って、そーっと手に乗せたエサ(ヒマワリの種@100円)を食べさせてあげましょう。さすが家で飼っているだけあってオペレーションがスムースです。
P2090183a.jpg
この黒いリスがエゾリスっていう国産種ですよっ。実はこのエゾリスって性格が穏和で膝上から登って肩までよじ登ってくれたりするんですよ。毛もフサフサでなかなか触り心地が良いのです。
P2090198a.jpg
実はココのシマリス君、怪我している子が多いのです。これだけ数が居てるので仕方の無いところではありますが、しっぽが切れていたり、毛皮が一部はがれていたり色々な怪我をしているのですがみんな元気に飛び回ってます。スタッフの方々がよく手間をかけておられるのかなぁと思ったり。
P2090214a.jpg
P2090245a.jpg
P2090311a.jpg
シマリスとエゾリスを比較すると気性の荒いのはシマリスで、体格の差をモノともせずエゾリスを追いかけ回すこともあるそうです。
P2090333a.jpg
P2090344a.jpg
P2090353a.jpg
ココのリス達も虎化(秋口に気性が荒くなる事)することもなくちゃんとエサを食べてくれます。
P2090362a.jpg
ヒマワリの種は販売数が決まっていて、許容量を越える販売はしないそうなのでエサをあげたいと思うのなら早めに訪れる方がいいみたいです。
P2090372a.jpg
P2090383a.jpg
家では大きな水飲み場を設置できないので水飲み姿が新鮮に見えます。
P2090399a.jpg
P2090401a.jpg
厳しい環境化にあるのか目つきがキリリとしています。
P2090408a.jpg
ふれあい場所とは別にケージ飼いのシマリス。年齢性別によって幾つかのケージに分けているそうです。
P2090410a.jpg
P2090422a.jpg
ケージのエゾリス達は人の姿をみるとぶわわわっと寄ってきます。
P2090434a.jpg
P2090436a.jpg
休憩場所のイヌ。いつも居るのでリスの森の番犬なのでしょうか。ちょっとまったり雰囲気が魔女の宅急便のイヌにもにてるような。

Posted by ara at 2005年10月31日 08:01
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nonohibifubu.com/mt/mt-tb.cgi/1261

トラックバック

高山リスの森 from キャラメルぶろぐ
・高山リスの森(ののかぶろぐ) 写真を更新してみました。後からコメント追加予定〓... [続きを読む]

Tracked on 2005年10月31日 09:08

リスの森感想 from キャラメルぶろぐ
・高山・リスの森(コメント追加しました) コチラのレポートによると人の介入による... [続きを読む]

Tracked on 2005年11月01日 09:46
コメント
コメントしてください

名前に全角の文字を含んで頂く必要があります。何も入れる文字が無い場合は★でも可です。



保存しますか?